往復約15時間のフライトを年に何度かするため飛行機内でのエンジン音を軽減できたらと思い、アクティブノイズキャンセリング機能(ANC)が搭載されたヘッドホンを探していました。

本当は★ソニーのWH-1000MX3が欲しいのですが、価格が3万円以上するため手が届きませんでした。

アマゾンや楽天で探してみると5千円程度でANC対応のワイヤレスヘッドホン(TaotronicsのTT-BH047)が売られていたのでお試しに購入してみました。

ANCの効きや音質などをレビューしたいと思います。

最初に言える事は「コスパ最強のANCヘッドホン」ということです。

TT-BH047のデザイン

全体的にブラックで耳の部分に「TT」と入っています。シンプルなデザインで主張が強く無いところが気に入っています。

手にとって触ってみるとプラスチッキーな感じですが、シルバーのラインが入っていて高級感こそないものの安っぽさもありません。

スイッチ類は全て右側に集約されているので着けていてもボタンを探す必要がなく快適です。

ANCの使い方

アクティブノイズキャンセリングのオンオフは簡単で、ヘッドホンについている「ANC」スイッチをスライドさせるだけ。

ANCは音を流していなくてもONにすることができます。

例えば音楽は聴きたくないけど外の騒音はカットしたい時などに「耳栓」代わりに使うことができます。

ANCの効果

思っていた以上に消音されるのでびっくりしました。

重めの低音や中低音はカットが得意なようです。

無意識のうちに聞こえている小さな生活音や雑音はきれいに消音されます。

バイクのエンジン音や車のアイドリングの音、漠然と聞こえる喧騒などはほぼ聞こえなくなりました。

また心地良い程度の音量で音楽を部屋で流した状態でアクティブノイズキャンセリングをオンにすると全く聞こえなくなるわけでないものの遠くで聞こえている感覚にまで音量が抑えられます。

家族の誰かが音楽を聴いていて自分は勉強や仕事に集中したい場合などに便利だと思います。

飛行機レビュー

飛行機ではまだ試せていませんがゴォォォォというエンジン音が低減されて楽になると思われます。飛行機に乗るのが楽しみです。