WiMAXは海外でもできる?

海外旅行先でインターネットを使おうと思ったら、WiFiのあるホテルやカフェを探さなければなりません。
でもすぐに見つかるとは限りません。必要な時にすぐにネットを使えないというのは不便ですね。
WiMAXは日本国内のほとんどの地域でモバイル通信ができるようになっていますが、海外でもネットを接続することは可能でしょうか?
「WORLD WiMAX」というサービスを契約することによって可能になります。
現在はWiMAXを提供しているアメリカ合衆国(ハワイ諸島も含む)と韓国で「WORLD WiMAX」の利用ができます。
ただいくつか条件があります。
主な条件はWiMAX搭載のパソコンを使用することです。
WiMAX Speed WiFiルーターを介しての端末の使用は海外ではできません。
また利用する国によって異なりますが別途通信料がかかります。
利用できるエリアは広範囲ですが日本国内と同じく現在すべての地域でWiMAXの電波が飛んでいるわけではありません。
しかしどちらの国も主要都市はすべてエリア内に入っています。

利用可能なエリア

アメリカ合衆国
アトランタ、サンフランシスコ、シアトル、シカゴ、ダラス、ニューヨーク、ヒューストン、フィラデルフィア、ホノルル、マイアミ、ラスベガス、ロサンゼルス、ワシントンD.Cなど
韓国
ソウル、プサン、インチョン、テジョン、クァンジュ、テグ、ウルサンなど

注意しておきたい点ですがすべてのWiMAXパソコンが海外で接続できるわけではありません。
国や地域によって対応する通信モジュールおよび接続ユーリティが異なるからです。
渡航前に自分のパソコンが対応しているかどうか確認し、必要に応じてバージョンアップておきましょう。
(バージョンの確認方法は各提供会社の「ご利用マニュアル」を参照。)

では申し込み手順を紹介します。
渡航前に日本国内のWiMAX提供会社と契約する。
渡航先に対応する通信モジュールおよび接続ユーリティを確認する。
渡航先のエリア内でパソコンを起動する。
ネットワークを検索し、接続する。
Webブラウザ起動。
海外のWiMAX提供会社と契約する。

これらの手順がすんだらいよいよ利用開始です。
通信料もお手ごろ価格です。例えば韓国の場合1日で3000ウォン(約230円程度)アメリカでは1日約10$ですが1週間なら約25$と割安になります。
契約期間は最低1日なので滞在日数分だけ契約でき、無駄が出ません。
アメリカ、ハワイ、韓国へ旅行に行く機会があるならスムーズにネット通信できる「WORLD WiMAX」を検討してみましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ