WiMAXでSkypeをするために必要な速度は?

WiMAXの最大下り速度は40Mbps、上りは15.4Mbpsです。
この速度はSkypeをはじめとするインターネット電話サービスを快適に行えるだけの条件を満たしているのでしょうか。

Skypeを快適に行うための通信速度

Skypeを行うために推奨されている下りと上りの速度環境は以下のとおりです。

■音声通話 100Kbps
■ビデオ通話 300Kbps
■ビデオ通話(高画質) 500Kbps
■ビデオ通話(HD) 1.5Mbps

このように音声のみであれば100kbpsの環境でできます。ハイビジョンのビデオ通話でも1.5Mbpsです。WiMAXの理論上の最大値と比較すれば余裕の数字です。WiMAXはイーモバイルなどと違っていくら使っても速度制限無しなので、通信量を気にせずいくらでもSkypeを楽しむことができます。

携帯電話で長電話をして通話料金が高くついている方にはWiMAXの導入は節約になるかもしれません。

ちなみにYoutubeのような動画サイトで動画をスムーズに視聴するために必要な速度は3~5Mbpsほどだそうです。意外にもこれらのインターネットサービスをスムーズに利用するために必要な回線速度はあまり高くないのです。

それでもWiMAXは遅い?

とはいえWiMAXの最大速度は基地局からの距離や建物などの障害物などによって遅くなります。エリア内であっても条件が悪いと圏外になってしまうこともあります。

加入する前に電波の強度をチェックする方法

まずは公式サイトのサービスエリアのページ内にある「ピンポイントエリア判定」で調べたい場所の住所を入力して電波強度の目安を測ることができます。ただしこの結果は接続が絶対保証されているわけではありません。
サービスエリア

また15日間無料でWiMAXを試用できる「Try WiMAXレンタル」に申し込んで端末を実際に使ってみて速度をチェックするという方法もあります。
Try WiMAXレンタル

さらにイーモバイルなどと回線速度を比較したい場合は有料になりますがモバイルルーターのレンタルサービスを使ってチェックするという手もあります。
WiFiモバイルルーターのレンタルサービス

格安のWiMAXプロバイダ

最後にWiMAXの特徴の簡単な説明と格安プロバイダの紹介です。

WiMAXを選択するメリットは2つあります。

■1年契約ができる
■WiMAX2+や他社モバイルネットプロバイダと比べて格安で利用できる

1年間だけの利用ができるWiMAXプロバイダランキング

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ