23区内でのWiMAX2+カバーエリアが80パーセントを越える

GaAppsによると23区内でのカバーエリアが80パーセントを越えたとの事。

確かにUQ公式サイトのエリア更新情報を見ていると、明らかに東京都の新規開通エリアのほうが他の県よりも多かったです。

まずは東京都23区の全域開通に最も力を入れているのでしょう。

というわけで23区内に住んでいてほとんどそのエリアから出ることはない方にとってはほぼどこでもWiMAX2+が使えるようになったということです。

ただ実際にはカバーエリアであったとしても建物や他の電波との影響などでWiMAX2+がつながらないこともあるようです。

現時点ではUQが2014年3月末までにカバーエリアになる予定だった全ての都道府県(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、大阪府、兵庫県、京都府、愛知県)の一部でWiMAX2+が利用できるようになっています。

利用者の口コミによると、全然電波が入らないという評価やものすごい速度が出ていたりとまちまちです。要は場所によって全くことなるということのようです。

WiMAX2+の電波の周波数は2.6GHz帯で、イーモバイルの1.7GHz対よりも高いために相対的に建物などの遮蔽物に弱いともいわれています。

ただこうしたデメリットも基地局の増設などによって改善される見込みがあります。

WiMAX2+の電波感度を自宅などで確認したい場合はUQの行っているモバイルルーターの無料レンタルサービス(Try WiMAX)を利用してみることをお勧めします。

WiMAX2+対応機器のHWD14や従来のWiMAX対応機器も15日間無料でレンタルすることができます。

もしイーモバイルやクロッシィといった他社のモバイルルーターもチェックしてみたい場合は有料で数日間借りれるモバイルルーターレンタル会社の利用がおすすめです。

最新のWiMAX2+キャンペーン比較へ

WiMAX2+おすすめプロバイダはGMO

期間限定の高額キャッシュバックが魅力。UQや他のMVNOと比較しても間違いないくトップクラスの安さです。
24ヶ月間の月額:3800円 端末代、登録手数料:0円
とくとくBBのポイントが毎月100円分貯まるので実質3700円での利用ができます。


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ