WiMAXの3年契約のあるMVNOとメリットデメリット【WiMAX2+】

WiMAX2+サービスに3年契約プランがあり、一般的な2年契約と比較してメリットもあるため、両者を比較してみました。

まずは3年契約プランを提供している会社はこちらです。

●UQ WiMAX
●GMO とくとくBB

3年契約のメリットとは

両社とも3年契約にするメリットとして「LTE」回線を無料で使うことができます。

LTE回線は正式名称は「au 4G LTE」といってauのLTE回線を使います。

2年契約など一般的なプランではLTE回線を利用する場合はオプション料金として月額1005円が発生します。

LTEを使う方にとっては月額千円以上節約になるためうれしいですね。

LTEオプションについてさらに詳しく

WiMAXのサービスは、基本的にWiMAX2+電波とWiMAX電波をひろって高速通信ができます。

現在は全国的に使用可能エリアはカバーされており、地下鉄などでも利用可能となっています。

それでも場所によってはWiMAX2+又はWiMAX電波がつかみにくい場所がピンポイントで生じることはあり得ます。

こうした場合に役立つのが「au 4G LTE」オプションになります。

2年契約の場合はこのオプションは利用した月のみ1005円の料金が発生します。利用しなければ1005円はかかりません。

なのでLTEオプションはWiMAX2+、WiMAX電波がつかみにくい場合でどうしても安定したネット接続が必要な場合の「予備回線」として利用している方も多いでしょう。

とはいえ人によってはカバー率の高いLTEを毎月利用している方も多いと思われます。

そのような方には3年契約でLTEを無料にした方がお得な場合があります。

UQかGMOとくとくBBか

では3年契約プランであればWiMAXの本家であるUQモバイルとGMOとくとくBBのどちらが最安で利用できるのでしょうか。

答えはGMOとくとくBBです。

本家UQモバイルはキャンペーンをしていない限り割引がないのでギガ放題の場合月額4380円となりますが、GMOとくとくBBの場合は高額キャッシュバックキャンペーンを行っているため実質月額3400円程度で利用できます。(キャンペーン内容は月ごとに変わります)

UQ公式サイト:UQ WiMAX

GMO公式サイト:GMOとくとくBB WiMAX3年契約

3年契約のデメリット

デメリットは4G LTEを使うことがない場合は料金的にはお得ではありません。

サービス開始当初の2013年頃は主要都市のみがWiMAX2+圏内でしたが、現在WiMAX2+は全国的にカバーされているため4G LTEの出番が頻繁には無いかもしれません。

また3年契約となると2年契約より1.5倍長く長期となり3年後に生活が変わっている可能性の高い方は途中解約などで違約金を払わないといけなくなるかもしれません。

2年契約の方がメリットが多い

これはギガ放題でも7GBプランでも言えることですが、2年契約の方がWiMAX各社の割引キャンペーンの競争が激しいため、利用者としては格安で使うことができます。

2年契約であれば最安のMVNOでギガ放題なら実質月額3千円程度、7GBプランなら2千円台で利用することができます。

今月の最安はこちら!WiMAX2+,WiMAXキャッシュバックキャンペーン

また、auスマホユーザー向けの割引であるauスマートバリューmineに加入していればau 4G LTEを無料で利用することができます。

このためauスマホユーザーはWiMAX3年契約をするメリットはほぼ無いでしょう。

3年契約注意点

3年契約のメリットはLTEプランが無料で利用できると上記で述べましたが、このLTEプランは気を付けて使わないとデメリットになりえます。

なぜかというと、4G LTE(ハイスピードプラスエリアモード)を利用するとWiMAX2+(ハイスピードモード)にも通信制限がかかる場合があります。

公式サイトには次のように説明されています。

「UQ Flatツープラスギガ放題(3年)」をご契約の場合、ハイスピードモードの「WiMAX 2+」通信において月間データ通信量に上限がありません。

ただし、au 4G LTE対応ルーターの場合、ハイスピードプラスエリアモードで通信速度制限(月間7GB超)が適用された後は、ハイスピードモードの「WiMAX 2+」通信もその制限の対象となります。

これはUQのみならず、どこのWiMAX提供会社でも同じことが適用されます。これは2年契約でも3年契約でも同じです。

つまりLTEモード(ハイスピードプラスエリアモード)で7GBを超えた場合(たとえギガ放題であっても)WiMAX2+通信も通信速度制限がかかってしまいます。

ギガ放題利用者にとってLTEモードは諸刃の剣なんです。

ただしハイスピードプラスエリアモードで7GBを超えない限りはハイスピードモードには制限がかかりません。例えばハイスピードプラスエリアモードにおいて6.9GB消費していたとしても7GBを超えていないのでハイスピードモードにおいては容量制限なしで利用し続けることができます。

LTE無料の特典はある意味お得かもしれませんが扱いには注意が必要ですね。

おすすめは2年契約

3年契約がおすすめの方は、auスマホユーザーではない方で、7GB利用プランでLTEも無料で使いたい方向けです。

ギガ放題を使いたい方、auユーザーは2年契約の方がお得です。

そして2年でも3年契約でも気を付けたいのは、ギガ放題の場合LTEモードには大きなデメリットがあるということです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ