WiMAX2+の3日間の通信制限はいつから始まるのか

WiMAX2+には一定の通信量をオーバーすると通信速度が制限される取り決めがあります。

ただし現時点では有料オプションであるLTE通信モード「ハイスピードプラスエリアモード」を利用しないか、利用しても月間の通信量を7GB未満に抑えてさえいれば、WiMAX2+に対しては通信速度制限をかけずに使うことができます。

2015年4月以降はWiMAX2+の利用が3日間で1GBを越えると終日速度制限が課されることが予定されています。
これは確定事項ではありません。

類似の通信制限はイーモバイルなどライバル他社の通信キャリアでは以前から存在していますが、WiMAX2+でも来年から課される可能性があります。

またWiMAX2+の契約後26ヶ月以降はWiMAX2+通信に対して月7GBを越えると月末まで通信制限がかかるようになります。

通信制限は時代の流れ?

通信速度制限は電波の利用をだれもが公平に使えるようにするという主旨のもと行われています。

一方でモバイル通信各社の通信速度は年々高速化されています。

「速度は速いんだけど、すぐ制限がかかっちゃう」

こういった声が今後多く聞かれそうです。

それでもWiMAX2+サービスは他の通信サービスと比較すると通信速度制限の条件は緩いほうだといえます。

なぜならWiMAX2+に通信制限がかかったとしても、WiMAXの方は通信制限をかけずに利用できるからです。

またWiMAX2+も少なくとも2015年3月までは通信量を気にせず何GBでも速度制限をかけずに利用できるからです。

3日間の通信量制限が本当に実施されるか否かも含めて今後のUQコミュニケーションズの動向を見守りたいところです。

WiMAX2+サービスの概要

利用できる電波:WiMAX/WiMAX2+/au 4G LTE ※LTEは有料オプション
利用できる端末:HWD14
通信量による速度制限:WiMAX→完全に無し/WiMAX2+→使い方によって回避可能/LTE→有り

WiMAX2+最新キャンペーン比較

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ