WiMAX2+のエリアマップが更新。着々とWiMAX2+エリアが拡大中

UQコミュニケーションズで公開されている「サービスエリアマップ」が1ヶ月弱ぶりに更新され、最新の利用可能エリアがマップで確認できるようになっています。

WiMAX2+エリア

今回の更新で新たに京都府のWiMAX2+エリアが反映されています。

濃いピンクのエリアがWiMAX2+が利用できるエリアです。
薄いピンクのエリアは3月末までに開通予定のエリアです。

東京・神奈川・千葉・埼玉

東京・神奈川・埼玉・千葉
予定エリアのほとんどが濃いピンクで埋め尽くされています。
西は東京都八王子市、東は千葉県千葉市、南は神奈川県藤沢市、北は埼玉県越谷市のあたりまでWiMAX2+エリアが延びています。

大阪府

大阪府
関東と比較するとまだエリアが点在している印象です。6割ほどという感じでしょうか。

愛知県(名古屋市)

愛知県名古屋市
こちらは関東圏なみに予定エリアが濃いピンクで埋め尽くされています。
残り1,2割といったところでしょうか。
大阪府のようにエリアが点在せずまとまっているので名古屋市中心部で様々な場所に移動する場合でもどこでもWiMAX2+が利用できそうです。

兵庫県

兵庫県
神戸市、西宮市、尼崎市、明石市などでWiMAX2+が利用できることが確認できます。
進捗状況は5割程度といったところでしょうか。
淡路島の淡路市のごく一部でもWiMAX2+が利用可能エリアになっています。

京都府

京都府
京都府の進捗状況は3割程度でしょうか。
ぱっと見中心部よりは周辺部でWiMAX2+が利用できるようなかんじです。あと1ヶ月半ほどで薄いピンクが濃いピンクで埋め尽くされる予定です。

今後のエリア拡大予定は?

UQコミュニケーションズの発表によると2015年3月末までには全国の主要都市でWiMAX2+が利用できるようになる予定としています。
具体的にどことは発表されていないのでどこで利用できるようになるかは分かりませんが、人口カバー率を迅速にあげていくためには人口の多い都市、人口密度の高い都市を優先して基地局を増やしていくのではないかと思われます。

例えば北海道札幌市の人口は神戸市よりも多いです。
また福岡県福岡市も京都市よりも人口が多いです。
人口密度の高いエリアといえば、沖縄県那覇市などがあげられます。

最新のWiMAX2+キャンペーン比較へ

WiMAX2+おすすめプロバイダはGMO

期間限定の高額キャッシュバックが魅力。UQや他のMVNOと比較しても間違いないくトップクラスの安さです。
24ヶ月間の月額:3800円 端末代、登録手数料:0円
とくとくBBのポイントが毎月100円分貯まるので実質3700円での利用ができます。


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ