WiMAX2+エリア予定が更新。札幌市など7月末までに開通する地域が明らかに

UQは6月19日、WiMAX2+サービスエリア情報を更新し北海道札幌市の一部でもサービスが始まったことが明らかになりました。

エリアニュース記事:札幌市

WiMAX2+札幌市7月末
UQコミュニケーションズは2014年7月末までにWiMAX2+が利用可能になるエリアを公開しました。

サービスエリアマップの更新について

7月末までに開通するエリアはUQコミュニケーションズ公式サイトの「サービスエリアマップ」で確認できます。地図上の濃いピンクはすでにWiMAX2+が利用可能な場所で、薄いピンクの部分が7月末までに開通予定です。

札幌など新たな地域が明らかに!

昨年のWiMAX2+のサービス開始以来、サービスエリアマップで表示されていたのは2014年3月末までの予定エリアでした。これまでの予定エリアには東京都を中心とした関東と愛知県、大阪府、京都府、兵庫県の一部のエリアだけでした。

そのためそれ以外のエリアについて今後どの時期から利用できるのか不明でした。

今回の更新によって7月末までに新たな主要都市でも続々と開通することが分かりました。

一例として以下の地域の一部またその周辺が新たな開通エリアとして加わりました。

北海道地方

・北海道札幌市

東北地方

・宮城県仙台市

中部地方

・長野県長野市
・静岡県静岡市
・岐阜県岐阜市、大垣市

関西地方

・奈良県奈良市
・三重県津市、四日市市
・和歌山県和歌山市
・滋賀県守山市

中国地方

・広島県広島市

九州・沖縄地方

・福岡県福岡市

既存エリアもさらに拡大

すでに一部で開通している都府県においても7月末までにさらに拡大することが明らかになりました。

WiMAX2+愛知県7月末
例えば愛知県は名古屋市周辺だけ無く豊橋市の方までも薄いピンクになっています。愛知県内全域のWiMAXエリアの多くでWiMAX2+も利用可能になる見込みだと分かります。愛知県のWiMAX2+の人口カバー率はかなり高くなりそうです。

エリア予定更新7月末まで
関西地域においても既存エリアの京都府大阪府がさらに拡大し、滋賀県から兵庫県までが一続きにWiMAX2+エリアになります。

UQコミュニケーションズの当初の計画通り2015年3月末までには全国的に利用できるようになりそうです。

最新のWiMAX2+キャンペーン比較へ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ