WiMAX2+とくとくBBの料金比較【GMO】

GMOの「とくとくBB」でもWiMAX2+のサービス詳細が出ました!
料金や特典などをまとめました。

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
当記事は過去のキャンペーン内容です。 
記載の表示金額は2014年3月31日までの消費税率で計算された金額が含まれます。
2014年4月1日以降は引上げ後の消費税率に基づく金額となり、
本ページ記載の金額とは異なります。
詳しい料金はこの先の公式サイトでご確認ください。
– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

24ヶ月間の月額料金:3800円
WiMAX2+専用端末料金:0円

12月中の申し込みは11000円のキャッシュバックがあります。
GMOとくとくBB WiMAX2+ 月額3,800円

本家UQの月額料金3880円と比較すると月額料金は少しだけ安くなる程度ですが、端末代もタダなので数千円お得に利用できます。
それに加えて期間限定のキャッシュバックもあるため最もおすすめのWiMAX2+プロバイダです。

ポイント利用でさらに月額100円引き

とくとくBBでは利用者に毎月100ポイント(100円相当)付与しています。
これを月額利用料金に充てることで、実質3700円になります。

MVNO他社のWiMAX2+サービスとの比較

ビッグローブでは月額料金3801円、端末代タダのキャンペーンを行っています。(2014年1月5日まで)
またBIGLOBE会員限定で月額3591円での利用が可能です。
さらにauスマートバリューmineに申し込む方の割引適用サービスがあります。
BIGLOBEユーザー、auスマートフォンユーザーにはおススメです。

BIGLOBE WiMAX 2+ キャンペーン

WiMAX2+とは

WiMAX2+は新しい高速通信サービスで下り最大110Mbpsを実現します。これは従来からあるWiMAXに変わるものではなく、WiMAXの通信サービスは今後も継続されていきます。

WiMAX2+ユーザーはWiMAX(下り最大40Mbps)通信も利用できます。

WiMAX2+のエリアについて

サービス開始時点では東京都の環状7号線より内側のみとなっていますが、順次全国に拡大していきます。
WiMAX2+通信が利用できないエリアでは従来のWiMAX通信か、有料オプションのau4G LTEを利用することでカバーできます。

WiMAX2+の速度制限について

利用開始から24ヶ月までは無制限での利用が可能です。
25ヶ月以降は7ギガバイトを上限に速度制限が行われます。
また2015年4月以降は3日間の通信量が一定値を超えると通信制限を課す可能性を示唆しています。

従来のWiMAXは今後もノーリミットで利用可能です。



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ