【11月はココ!】 WiMAX,WiMAX2+最安キャッシュバックキャンペーン比較

WiMAX2+キャッシュバックキャンペーン最安比較ランキング
WiMAX2の提供各社は期間限定のお得なキャンペーンを行なっています。

月額料金は各社バラつきがあり、キャッシュバック金額も提供会社ごとに異なるため、どの提供会社が本当に安いのか解りにくいのが現状です。

当サイトでは最安値はどこかを鮮明にするため各WiMAX2提供会社での契約期間の総額料金を出したうえでキャッシュバックなどの割引を差し引いて実質的な月額料金を計算し、最安値ランキングを作成しました。

ぜひご参考にしてください^^

WiMAX2キャンペーンギガ放題最安値比較表

ギガ放題(ネット使い放題)の実質料金を最安値順にランキング化しました。
各プロバイダ名をクリックするとキャンペーン内容の詳細へ飛ぶことができます。

プロバイダ名 キャンペーン 実質月額  au割実質月額
とくとくBB CB33,000円  2981円  2021円
ソネット CB2万円  3190円  2230円
ビッグローブ CB1.3万円  3222円  2262円
とくとくBB 月額割引  3374円  2414円
UQ 商品券  4410円  2970円

※“CB”はキャッシュバックの略です。
※“au割”とはauスマートバリューmineというauユーザー向けの割引です。

WX04最安料金比較表


今月発売の新型モバイルルーターWX04のランキング表も作成しました!契約期間と月額にご注目ください。

WX04実質最安ランキング
プロバイダ 期間 月額 au割
ビッグローブ 3年  3495円  2522円
とくとくBB 3年  3540円  2567円
ソネット 3年  3576円  2603円
UQ 2年  4410円  2970円

上記の表以外のMVNOもチェックしてみましたが、WX04を2年契約で提供しているのはUQのみでした。それ以外のMVNOでは3年契約のみとなっています。

2年契約で主に提供されている最新のモバイルルーターはW04です。WX04と比較して通信速度など基本的なスペックに大きな差は無いため、2年契約の方が期間や料金の面を考えるとメリットは大きいといえます。

最安ランキング1位はキャッシュバックキャンペーンの【GMOとくとくBB】

今月も最高額キャッシュバックにより「GMOとくとくBB」が最安値となっています。

キャッシュバックを差し引いた実質月額は以下のようになります。

ギガ放題実質月額&サービスまとめ
実質月額 au割 期間 WX04
 2981円  2021円 2年
 3540円  2567円 3年

他のMVNOと同様、新型モバイルルーターWX04は3年契約のみの提供となっています。

2年契約で利用できる最新端末はW04です。

通信機能面ではWX04もW04も大きな差はないため、WX04を使う事に特別こだわりがなければ2年契約が最安で利用できるためおすすめです。

GMOとくとくBBだけが唯一20日以内のキャンセル無料対応をしているのもこのMVNOの大きなメリットです。初めてWiMAX2を利用する方にも安心です。

■キャッシュバックキャンペーン内容■

キャッシュバック金額:最大33,000円

キャッシュバック受け取り方法:端末受け取り月から数えて最短12ヶ月目に振込

■初期費用■
初月月額(0ヶ月目):日割り計算
端末代金:無料
端末送料:無料
事務手数料:3000円(初期費用)

■基本月額料金■
料金プランは2つの中から選べます。
ギガ放題(使い放題):3609円(1,2ヶ月目) 4263円(3か月目以降)

キャンぺーン期間:2017年11月30日(木)まで

最安ランキング2位以下のWiMAX2キャンペーン

bsKOKO85_peacetwint
料金計算上は2位以下ですが条件によっては実質最安になる場合もあります。こちらもぜひチェックしてみてください。

【第2位】ソネットWiMAX2+

ソネットWiMAX2のギガ放題の実質月額は以下のようになります。

ギガ放題実質月額&サービスまとめ
実質月額 au割 期間 WX04
 3190円  2230円 2年
 3576円  2603円 3年

ソネットWiMAX2+はキャッシュバック、又は月額割引キャンペーンの2種類を展開中です。

今月は高額キャッシュバックで最安2位まで浮上してきました!

それぞれのキャンペーンを計算してみるとキャッシュバックキャンペーンの方が圧倒的に安いです。

上記の表はキャッシュバックキャンペーンを選んだ場合の実質月額料金ですが、月額割引キャンペーンを選択すると実質月額は200円程度上がってしまいます。

間違いなくキャッシュバックキャンペーンを選択されてください。

またもし光回線などソネットの別のサービスをすでに利用している場合、モバイルコース(200円/月)がかからないため上記の表の金額よりもさらに200円程度安く利用することができます。

この場合最安1位のGMOとくとくBBと同程度の金額で利用することができます。

キャッシュバック金額:最大20000円
キャンぺーン期間:2017年11月30日(木)まで

[ランキング表へ戻る↑]

【第3位】ビッグローブWiMAX


ビッグローブWiMAXのキャンペーンは、2年契約の場合13,000円のキャッシュバック、そして新型モバイルルーターWX04が選択できる3年契約の場合は最大30,000円のキャッシュバックが得られます。

キャッシュバックを差し引いた契約期間中の実質月額は以下のようになります。

ギガ放題実質月額&サービスまとめ
実質月額 au割 期間 WX04
 3222円  2262円 2年
 3495円  2522円 3年

ビッグローブはWX04を最安で利用できるMVNOです(3年契約になりますが)。MX04を最安で利用したい方におすすめです。

実質月額は最安のGMOには一歩及ばずですが、すでに固定回線などの別のビッグローブサービスを利用している場合、さらに月額を安くすることができます。

すでにビッグローブ会員の場合は月額が200円安くなるため最安のGMOとくとくBBの実質月額にかなり近い金額になります。ビッグローブ会員であればWiMAXも同じプロバイダでまとめるのもありかもしれません。

またビッグローブのメリットは口座振替に対応している希少なWiMAXプロバイダということです。
クレジットカード払いを希望しない方におすすめです。

キャンペーン期間:2017年12月3日(日)まで 

[ランキング表へ戻る↑]

GMOとくとくBBの月額割引キャンペーン

キャンペーン内容 実質月額  au割実質月額
月額割引  3374円  2414円

GMOとくとくBBはキャッシュバックキャンペーン以外にもう一つお得なキャンペーンを実施中です。

こちらはキャッシュバックはありませんが、その分最初から月額が安いというメリットがあります。
長い目で見れば上記キャッシュバックキャンペーンの方がわずがにお得ですが、月々の負担が最初から軽い方が良いという方には一考の価値アリのキャンペーンです。

■月額料金:2590円~
(ギガ放題は3~24か月目が3344円)

■事務手数料:3000円

こちらも20日以内のキャンセルに対応しています。
またauスマートバリューmine割引にも対応しているため実質月額をさらに最大1000円/月安く利用することが可能です。

特にauスマホユーザーの方はGMOとくとくBBは必ずチェックしておきたいプロバイダです。

[ランキング表へ戻る↑]

WX04を2年契約で使える本家UQ WiMAX

UQ WiMAXはWiMAX2+サービスをGMOやビッグローブなど様々なMVNOへの提供元であり、いわゆる[本家]です。

月額料金は高いもののMVNOとは違ったサービスを提供しているのがUQのメリットです。

現在のUQ WiMAXのキャンペーンは「商品券3千円」となっています。

初期費用などギガ放題の詳細な料金は以下の通りです。

■初期費用■
事務手数料:3000円
端末代金:2800円(WX04)
初月月額(0か月目):日割り計算

■基本月額料金(2年)■
1~2か月目:3696円
3~24か月目:4380円

■基本月額料金(3年)■
1~2か月目:3696円
3~36か月目:4380円

上記をふまえた実質的な月額料金は以下のようになっています。

ギガ放題の実質月額
期間 キャンペーン 月額 au割 WX04
2年 商品券  4410円  2970円
3年  4401円  3428円

UQ WiMAXは数万円規模のキャッシュバックなどが無いため基本月額と実質月額にほとんど差がありません。

新型モバイルルーターであるWX04を2年契約で利用できるのはUQのみです。(MVNOでの契約の場合3年契約のみWX04の提供があります)

どうしてもWX04を2年契約で利用したい方はUQ一択となってしまっています。

一方でWX04を3年契約でも問題ないという方や、WX04にこだわりがないという方は最安ランキング上位の格安MVNOで申し込むのがおすすめです。

キャンペーン期間:2017年12月1日(金)8:59まで

公式サイト:UQ WiMAX

[ランキング表へ戻る↑]

WiMAX2タブレットキャンペーン

今月はタブレットやPCがセットになったWiMAXキャンペーンもいくつかあります。
無料でタブレットをもらえて、WiMAX2+の利用月額も通常のものもあれば、月額に端末の代金が上乗せされているキャンペーンもありますので、一つずつ詳しく解説したいと思います。

ASUS TransBook T90Chi

参考実売価格:30,500円(2016年10月)

ASUS TransBook T90ChiはWindowsが搭載されたキーボード付きタブレットです。
画面サイズは8.9インチと持ち運び安いサイズになっています。
キーボードが付いていて切り離すこともできるのでPC感覚で使うこともタブレットとして使うこともできます。

どこでもスペースを取らずキーボードの文字打ちができるのがこの端末のポイントですね。

[キャンペーン内容について]
ASUS TransBook T90Chiが初期費用100円で手に入ります。
端末代金の残りは24か月間586円を支払うことになります。24か月×586円と100円で合計14,164円でこのタブレットが手に入ることになるので実売価格と比較するとかなりお得という事になります。

WiMAX2月額料金は上記の586円を含めて4195円~となっています。

コンパクトなWindowsタブレットPCが欲しいという方にはおすすめのキャンペーンです。



ASUS Eeebook X205TA

参考実売価格:33,288

ASUS Eeebook X205TAは2015年に出た11.6インチのミニノートPCです。重量が980グラムと1㎏を切っていてとても持ち運びのしやすいWindowsパソコンです。

[キャンペーン内容について]
ASUS Eeebook X205TAを初期費用100円で手に入れることができます。
さらに24か月間586円をWiMAX2+月額料金に上乗せすることで残りの端末代金を支払うことができます。
24か月の支払う合計金額は14,164円となり、かなり格安でミニノートを手に入れることができます。

外出先など場所を選ばずPCを使いたい、ネット回線の速度にはこだわりたいという方におすすめのWiMAX2キャンペーンになります。



WiMAX利用者の口コミ

WiMAX2+口コミ評判
当サイトでは複数のWiMAX2+利用者からアンケートを取り、メリットだけでなくデメリットと感じた点も書いていただきました。

通信速度や通信制限に関する率直なレビューも聞くことができましたのでぜひチェックしてみてください。

なぜWiMAX2+を選んだのか、使ってどうだったか

メリットは工事などが必要なくすぐにネットが使えるという点、仕事柄パソコンを持ち歩くことが多く、どこでもインターネットにつながるので、大変助かるという点です。
またランニングコストが光の約半額程度で済みます。しー さんの口コミ

自宅だけでなく外出先でもスマホのデータ通信費用を気にせずWiFiでラインや動画視聴などを楽しめたりといた利用価値が大きそうだったので自宅の光回線の契約を中止してモバイルルーターの契約へ切り替えをしました。

nt さんの口コミ

WiMAX利用前は外出先で無料Wi-Fiの店舗を探して仕事をしていましたが、その手間もなくなりさらに無料Wi-Fiではセキュリティのリスクが大き過ぎた情報などの打ち込みもできるようになり仕事の効率がどんどんと上がりました。

odeka さんの口コミ

利用するきっかけは、引越しした際に有線LANの回線工事は日にちがかかりそうでしたが、すぐにインターネットを利用したかったからです。
夫婦2人でPC2台、スマホ2台の通信に利用し月4000円弱はかなり助かっております。まる さんの口コミ

wimax2を選んだ理由として、auスマートバリューmineで携帯料金も割引になるからです。

すもも さんの口コミ

通信速度・通信制限の評判

WiMAX2+速度制限

自分の利用しているコースには、月間の通信制限はありませんが、3日間の通信につき3GBまでという制限がかかっています。(現在は3日で10GBまで緩和。速度も1Mbpsでます。)うっかり動画をたくさん見て制限をかけられてしまった経験が一度あります。制限中は、通信速度ががっくり落ちましたが、ネット閲覧はなんとか可能でした。

3日間単位の通信制限を除いては、特に不自由だと思うところはありません。通信速度も上々です。

ケイさんの口コミ

都内や横浜市内ですと、ほぼ全域どこでもWiFi電波がしっかりとつながり、特に回線が繋がりにくいなどのトラブルが起きた事は一度もありませんのでかなり快適です。

nt さんの口コミ

WiMAX2+は自宅の回線としても十分使える速度だったので、今は元々の自宅で利用していた契約を解除しWiMAXをメイン回線として利用しています。
一つ不便な点をあげるとすれば、外出先で使用する際に建物によっては屋内で使用するときに受信強度が弱いことがある点です。mozo さんの口コミ

自宅にて使用してみましたがやはり窓際では電波状態が良いのですが中に入っていくと顕著に弱くなって使えない部屋もありました。
odeka さんの口コミ

通信スピードについては、Web制作にあたり、動画や重たいデータを取り込むことも少なくありません。

しかし、その際でもストレスのない通信ができるので、オフィスや自宅の作業とかほとんど変わりないと思います。
ただ、惜しいことは屋内で電波の届き具合が悪い事が時々あることです。

ときまた さんの口コミ

WiMaxのデメリットを挙げるとしたら、持ち運びの際に地下や新しく出来たような都内の喫茶店の中に入ってしまうと、wifiが入らなくなってしまうということです。
あおみ さんの口コミ

モバイルルーターのバッテリーの持ち

WiMAX2バッテリー持ち

使用している機種は、Speed Wi-Fi NEXT W01です。バッテリーの持ちは良好で、ノートパソコンと接続した場合も、朝から夕方まで余裕を持って作業することができます。ルーターの操作も簡単で、だいたいの設定は本体ディスプレーのメニューから確認と変更が可能です。

ケイ さんの口コミ

バッテリーは一日でなくなってしまいますね。毎日充電が必要です。

すもも さんの口コミ

契約したのはWX01の機種で軽くてスマートなデザインで操作も簡単でしたので気に入っています。だいたい連続使用で8時間ぐらいはバッテリーが持続するので大変重宝しています。しかし長時間使用時には、機種本体がかなり熱を持つので気をつけたほうが良いと思います。
nt さんの口コミ

WiMAX2+プロバイダの口コミ

WiMAXプロバイダ評判

私が申込んだのは、GMOとくとくBBでした。どこよりもキャッシュバックの額が高く、またキャッシュバックの件をあらかじめメールで知らせてくれるという良心的な部分も好感が持てました。

しーさんの口コミ

キャッシュバックよりも私は月額の料金が最も低い事を重視したので楽天ラクーポンのサービスの契約をしました。

総合的にみて楽天ラクーポン使用のWiMAX2+は非常に使い勝手も良いのでギガ放題のプランを格安で契約したい人には是非お勧めしたいです。

nt さんの口コミ

MVNOは、@niftyです。以前から利用しているプロバイダーだったので愛着があり、キャッシュバックキャンペーンをやっていたこともあってここに決めました。

ケイ さんの口コミ

WiMAX2+最安キャッシュバックキャンペーンQ&A

Q:キャッシュバック金額は毎月上がり続けているの?

A:上がる場合もありますが下がる場合もります。

キャッシュバック金額は月ごとに増減しています。

キャッシュバック金額は必ずしも月ごとに増えていくとは限りませんので、ご自身が利用を開始したい月にその中で一番安いWiMAX2提供プロバイダから申し込むことをおすすめします。

Q:WiMAX2最安プロバイダを見つけるにはどうすればいい?

A:2年分の総額料金計算をすることで、最安のプロバイダが見つかります。
以下のポイントを押さえておくことで正しい料金計算ができます。

各プロバイダのキャンペーンは大きく分けて2つのタイプがあります。

1つはキャッシュバックがあるキャンペーンです。
月額料金は通常と同じくらいですが、利用開始後に数万円単位でキャッシュバックを受け取ることができます。

そのため2年契約でかかる総額の費用はかなり安くなります。

GMOとくとくBBやソネットWiMAX2+WiMAX2+、ビッグローブなどはキャッシュバックキャンペーンを行っています。

2つ目のキャンペーンのタイプは月額料金が格安になったものです。

キャッシュバックはありませんが、最初から月額料金が安いので総額でもキャッシュバックキャンペーン並に安く利用することができます。

楽天のラクーポンWiMAX2+などが有名です。GMOとくとくBBも行っています。

auスマートバリューmine

auのスマートホンユーザー向けのサービスで、WiMAX2+の利用で携帯電話の料金が毎月最大1000円割引されます。

auスマートバリューmineの適用が可能な方は、この割引サービスに対応しているプロバイダを選ぶ事がお得に利用する方法です。

WiMAX2+本家のUQやGMOとくとくBBなどがauスマートバリューmineに対応しています。

注意したいのは楽天ラクーポンWiMAX2はauスマートバリューmineに対応していないという点です。

月額料金以外にかかる費用

月額料金以外にかかる費用も料金総額を計算する上で大切です。

ほぼ全てのプロバイダで初期費用で3000円かかります。

また月額費用は安く見えても、実は会員費がさらに上乗せされるケースもあります。

公式サイトにてその辺りをしっかりチェックしましょう!(ちなみにGMOとくとくBBは月額の会員費はありません)

一方でモバイルルーターの端末代や送料は無料のプロバイダが多いです。

初月利用料の有無

プロバイダによって初月の月額利用料金がかかるところとそうでないところがあります。

というわけで以下のポイントを押さえて計算することで最安のキャンペーンプロバイダを見つけることができます。

■初期費用
■初月利用料金
■月額料金
■会員費
■キャッシュバック料金
■auスマートバリュー割引

当サイトで最安ランキング計算は行っていますが、自分で確認したいという方は是非計算してみてください^^

WiMAX2+モバイルルーター比較

現時点での最新型のWiMAX端末はW04となります。

W04はWiMAX2+に加えて月間7GBまで使える有料オプションであるau 4G LTEも利用することができます。

現在ラインナップされているWiMAX端末はWiMAX2+ネットワークにのみ対応しているものもあれば上記のLTEやWiMAXネットワークも利用できるモバイルルーターもあります。

以下が利用可能なネットワーク一覧表になります。

赤枠が最新型の端末です。

従来のWiMAX電波にも対応しているのはWX02のみとなっています。

これはインフラが整備されてWiMAX2+エリアが全国的に広がったためほとんどの場所でWiMAX電波を使う必要がなくなっているためと思われます。

それでご自身の想定使用範囲がWiMAX2+エリアの場合はWX02以外を選択しても問題ないでしょう。

一方でWiMAXエリアにお住まいの方やWiMAX2+電波のみでは不安という方は、WiMAX電波も拾えるWX02や、有料オプションのau4G LTE電波が使えるW04やW03がおすすめです。

バッテリーの持ちは端末ごとにじゃっかんの差はあるもののどれも1日はしっかり使えるレベルといえます。

3機種とも「クレードル」という有線LAN接続ができる拡張アイテムがあります。ただ必ずしもモバイルルーターと同梱されるわけではなく別途購入する必要がある場合もあります。その辺りは各プロバイダごとに対応が違いますのでクレードルが必要な方は無料か別途購入かを公式サイトでチェックしてみてください。

WiMAX2+を始めて快適で高速なインターネット通信を楽しんでください♪

※料金をチェックしたのはUQ公式サイトで表示されているMVNOと管理人が知りうる限りのWiMAX2+提供業者です。料金計算は表記無い限り税抜きに統一しています。

以上WiMAX2+経理部がお伝えしました!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ