どっち!? WiMAX 2+と格安SIMの違いや双方のメリットを徹底比較

WiMAX 2+と格安SIMのどっちがお得なのか。サービスと料金の2つの面を徹底比較してみました。

「ネット使い放題」という点ではどちらに軍配があがるのかも比較しました。

結論から言うと通信速度にこだわる方、容量制限無しでネットを使いたい方はWiMAX2+がおすすめです。

動画をたくさん見る方、ネットを使いたい方や定額無制限で利用したい方、外出先で長時間ネット通信をしたい方はWiMAX2+でしょう。

一方で090などの番号を持って音声通話をしたい方、ネット使い放題はなくても良い、少しでも節約したいという方は格安SIM向きかもしれません。

以下、通信サービスの違い、料金の違い、通信制限の違いなど項目ごとに格安SIMとの違いを比較しました。

サービスの違い

格安SIMはひと月に利用できる高速データ通信量のラインアップが豊富で、月間0GB(高速通信無し)から20GB程の中で選択肢がたくさんあります。また一部のMVNOでは定額で高速通信の無制限プランを用意しています。

一方WiMAX2+は2つの通信サービスのみが用意されています。
一つは月間7GBまで高速通信ができるプランで、もう一つはギガ放題と呼ばれる定額無制限の通信プランです。

WiMAX2+には月間高速通信が1GB とか3GBといった少量のデータプランはありません。
それで月に7GBも使わないだろうという方はWiMAX2+は対象外になるでしょう。

7GB以上使うかどうかはどのくらいモバイル環境でネットを使うかによりますが、例えばYoutubeの中程度の画質である360p画質の動画を毎日平均して1時間程度見る場合月間7GB近くかそれ以上になるでしょう。

【目安】7GBでどのくらい動画が見れるか検証してみた

またWiMAXはデータ通信のみを提供するサービスなので090などから始まる電話番号を持つことはできません。

端末について

格安SIMを運用する場合、スマホなど端末が必要になります。SIMフリー端末やドコモやauのスマホをすでに持っていれば、それにSIMを入れることで利用できますが、もし新たに用意する必要がある場合はamazonなどで購入するか、格安SIM提供会社が販売しているものを一括又は割賦などで購入する必要があります。

一方でWiMAX 2+の場合、基本的に端末(モバイルルーター)は無料で提供されるため、ルーターを独自で用意する必要もなく費用もかかりません。

料金比較

WiMAXのギガ放題は安いプロバイダを選べば実質月額3000円前後で利用することができます。(au割引が効く場合は実質月額2000円程度にまで下がります)

7GBプランは月額2500円程度での利用が可能です。(au割引適用の場合実質1500円程度)

詳しくはWiMAX2+キャッシュバックキャンペーン最安ランキングを参考にしてみてください。

一方で格安SIMの場合、7GBの月額料金は1500円~2000円、音声通話SIMの場合は2500円~3000円程度で利用することができます。

ネット使い放題のプランは月額2千円台から用意されています。

実際の通信速度を比較

WiMAXの通信速度は格安SIMと比較すると安定していて速いといえそうです。

格安SIMは提供会社ごとに通信速度の優劣の差が激しいです。

通信制限について

格安SIMはDMMモバイルや楽天モバイルなど一部のMVNOでは制限がありません。

一方で格安SIMのネット使い放題系のプランには3日間の通信量など何らかの制限があります。

3日間3GB~6GBの制限が設定されています。(参照:無制限ネット使い放題のある格安SIM MVNO

WiMAX2+はギガ放題が3日間10GBを超えると制限がかかりますが、10GBなのでかなり余裕があります。

また制限がかかった場合、格安SIMは200kbpsに速度が抑えられるため動画はもちろんウェブページの閲覧も厳しくなりますが、WiMAXの場合は1Mbps程度出るため中程度の画質であれば動画の閲覧が可能です。

つまりWiMAXは制限がかかっても動画を見る程度の速度は確保されます。(参照:WiMAX2通信速度制限について

まとめ

WiMAX2はモバイルで容量無制限でネットを使いたい方には最も快適なサービスを提供してくれるといえます。

一方で通信費を節約したい方や電話番号を持ちたい方には格安SIMを検討されるとよいでしょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ