家族でお得に利用できる機能追加オプション

機能追加オプションをつけると、WiMAXパソコンやWiMAX Speed WiFiルーターなど、WiMAX機能が搭載された複数の機器を時間帯や場所によって使い分けができるようになります。
例えば家にいる時はWiMAXパソコンで、外出先ではWiFiルーターを携帯してタブレットでインターネットをつなぎたい、という場合にこのサービスを利用します。
基本の契約では1契約につき1台の機器だけを登録しますが、機能追加オプションを申し込むなら1契約につきあと2台の機器を追加登録できるのです。
3台の機器を同時登録することも可能です。
機器追加料金は1台あたり毎月わずか200円(税込み)。基本の通信費、月3880円(税込み)に1台追加すると月4080円、2台なら4280円になります。
ただし複数の機器を同時に接続することはできません。
例えば親子でこの契約を申し込んでインターネットを使用するとします。
息子がタブレットでネットを使用中に母親が家のWiMAXパソコンでネット接続しました。
すると息子が使っている方の機器はネットが切断されてしまいます。
息子が再度接続を試みます。すると今度は母親が使用していた機器のほうが切断されてしまうのです。
これではお互いに通信を妨げ合ってしまいますね。
こんなトラブルを招かないために接続優先度設定機能を使うことができます。
優先して使いたい機器を利用時に設定できる便利な機能です。
1台の機器の優先度を高く設定し、他の機器を低く設定しておけば優先度の高い機器を接続中は低い方の機器が接続しようとしてきても切断されることはありません。
他方の機器は保留状態にされ、優先度の高い機器が接続を終了してから使用できるようになります。
接続度優先度はMy UQにログインして設定を自由に変更することができます。
それでもし1契約で複数の機器を家族で使用する場合は話し合ってどの時間帯に誰が優先して使用するかを決めておくとよいでしょう。
例えば午前中と午後の早い時間帯は妻が自宅でネットを利用し、会社勤めの夫は昼休み中と夜に利用するなどそれぞれの予定に合った時間帯を決めるとスムーズになります。
もしどうしても同じ時間帯にネットを利用しなければならない場合は家族で別々に契約することになります。この場合通信費は3880円×2契約=7760円になってしまいます。
時間帯を分担することがそれほど難しくないのであれば1契約にして機能追加オプションにするほうが断然お得です。
もちろん家族だけでなく単身で複数の機器を持っている人にも便利なサービスです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ