WiMAXで動画はスムーズに視聴できる?

WiMAXの通信速度の最大値は光回線やLTEと比べると低めです。
光は最大1秒間に200メガバイトのデータ受信ができますが、WiMAXは最大で40メガバイトです。

スムーズな動画再生のための通信速度

YouTubeなどの動画投稿サイトでハイビジョンクラスの高画質な動画を快適に見るために必要な回線速度は、「3~5Mbps」といわれています。

「あれ?意外と低い」と思われるかもしれませんが、WiMAXや光回線の最大値と比べるとかなり小さな数字になります。

それでネットの利用が動画サイトの閲覧やメールチェック程度の利用であればWiMAXでも理論上は問題なく利用できるということになります。

あくまで最大値

ただし光回線もWiMAXの速度も最大値であることを銘記しなければなりません。光回線は一般に基地局の距離には関係なく速度が落ちることはありません。そのため最大値(ベストエフォート値)に近い速度が出ることが期待できます。

一方でWiMAX電波は基地局からの距離や建物などの遮蔽物などの要因によって通信速度は落ちていきます。それでも5~10Mbps以上確保できれば問題はありませんが、もししっかりと電波の受信状況を確認したい場合、公式サイトのサービスエリアページ内の「ピンポイントエリア判定」から住所を入力して電波状況の目安を○、△、×で確認することができます。(ただしあくまで目安なので○でも圏外になる可能性はゼロでは無い)

またUQコミュニケーションズでは「Try WiMAXレンタル」というサービスがあり、15日間無料でWiMAXサービスを利用できます。このサービスを使って電波をチェックし問題なければ契約をするという方法もあります。
Try WiMAXレンタル

さらにイーモバイルやドコモなど他社のキャリアと比較したい場合はWiFiモバイルルーターのレンタルサービスを利用する手もあります。

格安のWiMAXプロバイダ

WiMAXを選択するメリットは以下のようにいくつかあります。

■1年契約ができる
■WiMAX2+や他社モバイルネットプロバイダと比べて格安で利用できる
■WiMAX電波に特化したモバイルルーターが使える

WiMAX2+は2年契約が前提のサービスです。2年縛りはきついという方やいつかはWiMAX2+にしたいけど少なくとも今後1年は要らないという方にお勧めです。
またWiMAXのみのサービスは2+と比較して格安で利用することができます。
最新のWiMAX専用の端末には「WiMAXハイパワー」というワイマックス電波の弱い場所でもしっかりとキャッチしてくれる機能がついています。
(WiMAX2+のサービス開始と同時に出た端末HWD14には付いていません)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ