URoad-Aero2+が技適通過 WiMAX2+対応モバイルルーターか

総務省の発表によるとModacom Co.,LTDは「URoad-Aero2+」という名称の端末が2014年2月28日に技術基準適合証明を受けました。

Uroad Aero2+

技術適合証明を受けた特定無線設備の種別は以下の通りです。
■第2条第19号に規定する特定無線設備
■第2条第51号に規定する特定無線設備
■第2条第54号に規定する特定無線設備

第2条第51号と54号に規定する特定無線設備の詳細情報によると、この端末は「WiMAX2+」と「WiMAX」に対応した端末だと思われます。

さらに端末名称が「URoad-SS50B 又は URoad-Aero2+」となっていることから、WiMAX2+に対応した小型モバイルルーターではないかと思います。

というのも「URoad-Aero」というWiMAX専用のモバイルルーターがすでに出ているからです。このモバイルルーターの流れを汲んだ端末だと考えられます。

クレードル、LTE機能は?

ちなみにURoad-Aeroには有線LANが接続できる拡張アイテム「クレードル」がありました。現時点で唯一のWiMAX2+対応モバイルルーターである「HWD14」にはクレードルがありませんが、URoad-Aero2+にはクレードルが付いていてほしいものです。

一方で800MHz帯の「au 4G LTE」の認可は受けていないようです。このためHWD14のようにLTEが使えるモバイルルーターとして発売されるかは不明です。

URoad-Aero2+の発売時期は?

UQコミュニケーションズ社長はWimAX2+のサービス開始時期に「WiMAX時代のようにモバイルルーターがたくさん出ることは無い」というようなことを述べています。

とはいえこれまでにNECアクセステクニカからWiMAX2+対応端末だと思われる機種が総務省の技適を通過しており、いつ新機種が出てもおかしくありません。

また「WiMAX2+搭載スマートフォン」に関しても続々と技適を通過しており、今年の夏モデルとして登場する可能性が高いと見られています。

今WiMAX2+サービスにおいて「au 4G LTE」は2014年5月分まで無料です。
URoad-Aero2+やNEC製のWiMAX2+対応端末はLTEが付いていないので、公平なサービスの観点からLTEの無料期間中に新機種が発売されることはないのではないかと思います。

出るとしても6月以降になるのではないでしょうか。

今後のUQコミュニケーションズの発表に注目したいところです。

WiMAX2+キャンペーン最新情報

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ