イーモバイルの更新月とはいつ?簡単に解約する方法

DSC03227
イーモバイル(emobile)を違約金をかけずに解約する方法をまとめました。

公式サイトによると以下の場合に解約の違約金がかかりません。

・更新月または移行月に解約した場合
・満了月、更新月、移行月に「ベーシック」へ変更のお申し出をし、翌月に適用された場合

上記で「更新月」という言葉が出てきます。更新月とはいつのことを指すのでしょうか。

契約種別「にねん」の場合、更新月は契約満了月の翌月のことを指し、契約満了月は端末受け取り月の翌月から25ヶ月目のことをいいます。

ちょっとややこしいですね^^;

簡単に言うと契約期間の翌月が更新月となるということです。

解約方法

イーモバイル本家での契約の場合、解約方法は2通りあります。

1.契約者本人がイーモバイルカスタマーセンターに連絡し「解約申請書」を請求、申請書を記入しEM chipを貼り付けて返送。

2.イーモバイルショップへ行って解約手続きをする。(EM chipはその場で返却)

注意点はイーモバイル関連のお店は、イーモバイルショップと
イーモバイルスポットの2つがあり、解約はイーモバイルショップのみで受け付けているということです。

また、上記の解約方法は本家イーモバイルでの契約の場合であり、他の提携MVNOでイーモバイルを契約した場合は当てはまりません。

MVNOで契約した方はそちらの解約方法案内を確認してください。

更新月を逃さないために

契約してしまうと解約のタイミングについてあまり確認しなかったりすることがあります。

イーモバイルに限ったことではないですが、解約についての説明が分かりにくいことがあります。

とはいえ契約書にはちゃんと説明がなされているのでちょっと面倒かも知れませんが、後悔しないために最初に確認しておくことが大切です。

違約金をかけずに解約するために更新月を分かる場所にしっかり記入しておくことができます。

契約書の前面やモバイルルーター自体に記入しておくなどしておけば更新月を逃すことを避けることができます。

乗り換えはWiMAX2+がおすすめ

モバイルルーター系のサービスならWiMAX2+がおすすめです。

料金はイーモバイルと同レベルですが、通信制限が無いのがWiMAX/WiMAX2+のメリットです。

またWiMAXに関しては1年契約での利用が可能で、短期間のみの利用もできるので安心です。

WiMAX1年契約比較

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ